ほくろ除去手術を受ける前に知って欲しいこと【種類の違い】

隠すくらいなら除去を

診察

手軽に取り除ける方法

メイクや髪型などで隠すこともできますが、あくまでその場しのぎですから、ホクロそのものを無くすことはできません。しかし美容整形ならすぐにほくろ除去できるのです。じつはほくろにはいくつかの種類があり、大きさや根の深さによって取り除けるかどうか、また取り除くのに適した手術方法が変わってきます。とはいえ、高額な治療法は少なく、大抵は1万円〜4万円程度で施術を受けることができるのです。取り除くステップとしては、美容クリニックを訪れて診察を受け、病理検査でほくろが悪性腫瘍でないことを確認した上で施術へと段階が移行します。大きな物が1つある場合や、小さなほくろが点在している場合とで治療法や料金は変わりますし、シミ・そばかすを取り除く治療と合わせて行うことで肌をよりキレイに見せることも可能です。ほくろ除去はただほくろを取り除くだけでなく、美肌や若返り効果を目的として行う人もいるため、他の施術と組み合わせるのはそれほど珍しいことではありません。いまは美容クリニックのWebページや無料電話相談窓口などで、治療にかかる費用や期間などを大まかに聞くこともできます。ホームページでは実際に施術を受けた人のビフォーアフターの写真や感想などが掲載されているケースも多く、どれほどの効果があるかを具体的に知れるでしょう。SNSやブログなどで施術の体験記を公開している人もおり、そうした記録も参考になるはずです。ほくろ除去は想像以上に手軽な美容整形の1つですから、悩んでいる場合にはぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。触るとぷっくりと膨らんでおり、黒色が余計に目立ってしまうホクロですが、美容整形では簡単に取り除く方法がいくつもあります。最も有名な方法としてはレーザーを使った切除方法でしょう。レーザーやメラミンとよばれる黒い物質に反応するため皮膚への影響はなく、ダメージを最小限で済ませられるというメリットがあります。跡も残りにくいですし痛みもほとんどないということで、手軽に利用できる点から多くの人が利用している人気のほくろ除去方法です。一方で、ホクロが大きく盛り上がっていたり、1.5cm以上幅があったりするような場合にはメスでないと取り除けないこともあります。レーザーで除去することはできますが、再発してしまうというケースも見られるようで、しっかり根元から除去するにはメスを使った切除のほうが良いと言われることも多いのです。メスを使うといっても美容整形の一貫ですから、大きな傷跡が残るようなことはなく、他の肌と馴染むような自然な仕上がりにしてもらえるでしょう。取り除いた後は手術跡に絆創膏のようなテープを貼り付けて、日光や刺激から守る必要があります。手術方法によって貼り付ける期間は異なりますが、場合によっては数日〜1週間前後薬を塗布する場合もあるようです。また施術跡が馴染むようになるまでのきかんには差があり、早ければ2週間、長くて3ヶ月程度の期間が必要になります。ほくろ除去はあまり知られていない美容整形の1つですが、一方で『自分のほくろを取り除きたい、嫌だ』と感じている人が多くいるのも事実です。美容整形を通じて自分の悩みと向き合ってみてもよいかもしれません。

Copyright© 2018 ほくろ除去手術を受ける前に知って欲しいこと【種類の違い】 All Rights Reserved.